Gourmet Feature 02石鎚の恵海と山の幸

石鎚の恵海と山の幸

海と山、自然をまるごと
ほおばる贅沢

山から里へ、里から海へ…、つながる自然の営み。その副産物は、豊かな食の恵みとなり、私たちの生命をつなぐ食文化を育んでいる。産地ならではの醍醐味は、とれたて、もぎたてを味わえること。ほんの少し、足を伸ばして、食材のふるさとへと旅しよう。そこでは四季折々に移ろうダイナミックな景観や素朴なおもてなし、そして趣向を凝らした演出もまた、味わいとなって私たちを出迎えてくれる。石鎚山系の恵みを供する山と里と海の名店で、食材から始まる物語を味わい尽くせば、土地への愛着もいっそう深まっていくに違いない。

海と山、自然をまるごとほおばる贅沢
海と山、自然をまるごとほおばる贅沢

一の谷やかた

Gourmet01

一の谷やかたIchinotani Yakata

四国でもっとも長い5,432mの寒風山トンネル。そのそばの「一の谷やかた」は、伊予路と土佐路を結ぶ場所に位置している。周囲には吉野川源流の滝や爽やかな水音を響かせるせせらぎ、樹齢500年にもなるカツラの大木をはじめとする木々が生い茂り、自然が織りなす景観を間近に眺めることができる。ここで味わうのは、軍鶏や吉野川源流水に浸して仕込む豆腐料理。やかたからの絶景もまた味わいのひとつ。

一の谷やかた
一の谷やかた

パチパチと炭が爆ぜる音を耳にしながら、炉端でまったり。軍鶏肉は坂本龍馬もこよなく愛したという食材。じっくりと煮込めば、コリコリとした歯ごたえで、噛むほどに旨味があふれてくる。ふと窓の外に目をやれば里山の景色。この上ない贅沢な時間が過ごせる。

マルトモ水産

Gourmet02

マルトモ水産Marutomo Suisan

遠く石鎚の勇姿を遠望する、瀬戸内海ひうち灘は海の幸の宝庫。豊かな海からは種類豊富な小魚や貝類、カニなどが水揚げされている。そんなとれたてを味わえる店として人気なのが、漁港のそば、鮮魚市場に併設されたこの店。広い店内には魚介類がところ狭しと並んでおり、水槽で泳ぐ活け物も目に付く。大漁旗がはためく店の一角には食堂も併設。魚介類がてんこ盛りになった海鮮丼など、豪快な漁師めしは、リーズナブルな値段も嬉しい。

マルトモ水産
マルトモ水産

漁師町の市場のような気取らない雰囲気。奥ではスタッフさんが手際よく魚をさばく様子も見られる。一番人気の海鮮丼のほか、天ぷらや刺身の定食などメニューは豊富。行列ができることもしばしばある。帰りに、新鮮で手頃な値段の魚介類を購入する人の姿も目立つ。

渓泉亭・面河茶屋

Gourmet03

渓泉亭・面河茶屋Keisentei Omogo Tyaya

面河渓谷を代表する絶景「亀腹」は、高さ110m、幅200mにも及ぶ、ほぼ垂直に屹立する岩壁。大自然のパワーを感じさせるこの景観のそばにあるのが、「渓泉亭・面河茶屋」だ。
地元の美川そうめんを使った「あまごそうめん」は、コシがありのど越しの良い一品。さらに名物の「面河定食」は野菜やきのことともに、キビをついた団子を煮込んだだんご汁、あまご料理、面河産の刺身こんにゃくなどがセットに。ボリューム満点のメニュー。

渓泉亭・面河茶屋

店頭のスペースは大きなガラス窓越しに面河渓を望むカウンター席。奥にはファミリーやグループでくつろぐことのできるテーブルや座敷があり、どの席からも絶景を共有できる。面河の食材を使った素朴な料理も味わい深く、新緑や紅葉の時期は特に賑わう。

More Info 〉

渓泉亭・面河茶屋

畑山ガーデン

Gourmet04

畑山ガーデンHatayama Garden

自家製のもっちりとした厚めの生地に、野菜ソムリエが厳選した旬の野菜などをトッピングしたピザで人気の「畑山ガーデン」。イチオシの「フルーツトマトのトマトピザ」は、高知県産フルーツトマトがたっぷり。豊かな甘みと酸味を合わせもつフルーツトマトに、コクのあるゆで卵を合わせており、ボリュームも申し分なし。国道33号沿いという便利な場所にありながら、周囲には緑や川の流れがあり、のんびりとした雰囲気も魅力。

畑山ガーデン
畑山ガーデン

店主が手づくりしたというウッディな店は、テラス席もありペット連れの来店も可能。テラスは大きなケヤキの木の下にあり、時には小鳥が遊びにくることも。8種類の野菜合計300gがのった「野菜たっぷりピザ」、高知の銘柄鶏を使った「土佐はちきん地鶏ソーセージとブロッコリーのピザ」など、いずれもテイクアウトもできる。

More Info 〉

畑山ガーデン

おすすめ特集記事