Event & News新着情報

新着情報

NEWS 2021年10月7日

妄想工作所 × ソラヤマいしづちコラボ商品
石鎚ポーチ・UFOラインポーチ
それぞれ土小屋terraceと山荘しらさにて限定発売!

「石鎚山とUFOラインをポーチにできないだろうか…」

構想から2年。
株式会社妄想工作所 乙幡啓子氏のご協力を得て、ついに誕生!

石鎚ポーチ
UFOラインポーチ
土小屋terrace・山荘しらさにて
各、数量限定販売です!


それぞれの特徴を、ご紹介しましょう♪

西日本最高峰 石鎚山(1,982m)を、大胆にポーチに仕立てました。
かつての石鎚山には「石鎚山法起坊(いしづちさんほうきぼう)」という名の大天狗が住んでいたという伝説が残っています。
石鎚山は、山そのものが神体山。ミステリアスな伝説が残る、強大なパワースポットです。

 

おもて地には、石鎚山系の豊かな自然と天狗岳の切り立った岩肌を表現。
両サイドの山容の違いをデザインに取り入れた、ちょっと大人な雰囲気。
天狗さまのチャームがポイントです。
 

ポーチの中には、石鎚山系の豊かな自然の中を自由に飛び回って修行する、天狗たちが見え隠れ。
隠れキャラも?!
石鎚山の特徴でもある難所、「鎖場」も配しました。
西日本最高峰が、あなたの大切な小物をしっかりと収納します。
「石鎚ポーチ」は「土小屋terrace」にて限定販売です。

 

続きまして「UFOライン」ポーチです。

高知県いの町「UFOライン」周辺では、かねてより多くのUFO目撃事例があり、1990年に偶然撮影された「W型UFO」がその命名のきっかけにもなりました。

UFOライン命名の由来や謎については
「ムーPLUS」の記事もあわせてチェック!!!
 ▼ ▼ ▼
石鎚山系に未確認飛行物体が飛来! 天空を走る「UFOライン」の歴史と謎

 

おもて地には、怪しげな空を飛ぶW型UFOを浮かべ、いの町側・久万高原町側「入口ゲート」付近の路面標示も再現したリアル仕様。
W型UFOのチャーム付きです。

 

UFOライン内部に、W型UFOの基地があるのでは?!
そっと開くと…基地内部でイキイキと暮らす宇宙人や、修行中の天狗などがコミカルに表現されています。
おもて地と対応したデザインになっていて、眺めているだけでストーリーが生まれる楽しいデザイン♪
あなたのバッグやリュックにこっそり…UFO基地を忍ばせてください。
「UFOラインポーチ」は「山荘しらさ」にて限定販売です。

 

【サイズ:共通】
幅:上部 約16cm・下部 約17cm、高さ:約7cm、マチ:約7.5cm
マチたっぷり、大容量!
ペンケースやメイクポーチに、キャンプグッズやリュックの小分けにも大活躍です!

【価格】
各1個 2,500円(税込)

ぜひ両方手に入れてくださいね♪
どちらも数量限定ですので、お早めに!

【販売場所】
・石鎚ポーチ 土小屋terrace にて販売
所在地 愛媛県上浮穴郡久万高原町若山21-1581
アクセス 久万高原町役場から車で75分
電話番号 0897-53-0007
営業時間 1階 8:00〜17:00、2階 10:00〜15:00(2階は水・木定休)
※11月末〜4月中旬は冬季休業
ISHIZUCHI JOURNEY スポット情報 土小屋terrace

土小屋terrace 公式サイト

 

・UFOラインポーチ 山荘しらさ にて販売
所在地 高知県吾川郡いの町寺川175
アクセス 高知市中心部から車で約2時間半、伊予西条駅から車で約1時間40分
電話番号 090-2235-1400
営業時間
・宿泊 チェックイン15:00/チェックアウト9:30
・飲食 ランチ11:00〜14:00(ラストオーダー14:00)、カフェ〜15:00(15:30閉店)
定休日 水曜日
※11月下旬~4月上旬は冬季休業
ISHIZUCHI JOURNEYスポット情報 山荘しらさ

山荘しらさ 公式サイト

※11月30日~4月上旬までの期間、UFOラインは冬季閉鎖されます。

 

製作協力 株式会社妄想工作所
代表 乙幡啓子氏 

妄想工作所 乙幡啓子

工作家・ライター・株式会社妄想工作所代表 1970年群馬県桐生市生まれ、東京在住。津田塾大学卒業。 様々な媒体で脱力系工作記事を書きつつ、(株)妄想工作所名義で雑貨やカプセルトイの製作・企画も行う。 代表作は、映画の名場面を模した製氷器「足氷」、フェリシモより「ノアの方舟・モーセの奇跡ポーチ」、「ほっケース」「ベアリングマ」、「ハトヒール」、カプセルトイ「神獣ベコたち」など多数。
https://mousou-kousaku.com

 

製作・お問い合わせ
株式会社ソラヤマいしづち
info@ishizuchijourney.com

自然を巡る“こころ”の旅。
https://ishizuchijourney.com

〈 一覧に戻る